ウルフピーの使い方について

  • ウルフピーは狼尿100%動物の本能を利用した忌避剤

    • ウルフピーは、ハイイロオオカミのおしっこを原材料にしています。
      野生動物は自分の居場所や縄張りを主張するために、体の臭いをこすり付けたり、尿を吹き付けて臭いをつけるマーキングの習性があります。狼に捕食される動物は、天敵の狼がマーキングした場所には近寄らなくなります。ウルフピーはこの動物の本能を利用した、自然に優しい忌避剤なのです。


      ウルフピーは野生動物の危険な場所を避ける本能を利用するため、動物を傷つけることもないのです。



      畑や作物を荒らす猿やクマ、鹿やイノシシ、ハクビシンやイタチ、タヌキ、キツネなどに効果が期待できるのです。
      ウルフピーの使用方法はとても簡単です。

      専用の小分け容器に入れて、侵入を防ぐ場所に吊すだけ。大がかりに電気などの設備を設置する必要も無いのです。
      野生動物の侵入を防ぎたい場所を遮るか、囲むように吊すのです。

      柵があればそのまま下げられるし、軽いのでネットや木の枝にも吊すことができます。

      設置する高さは約30〜60?、大型の動物であれば、約6m、小型の動物は約4mの間隔でぶら下げます。
      メンテナンスも乾燥して蒸発したらつぎ足すだけ。



      作物の収穫期の畑を守る場合には、こまめにつぎ足す必要がありますが、女性やご年配の方でも容易に扱えるのです。

      ウルフピーの取り扱いで気を付けるべき点は、肉食動物の尿で強い酸性なので植物に直接かかると変色してしまうのです。



      きちんと使用方法を守り、容器に入れて使用する必要があるのです。